Yumboxを使って子供たちにお弁当を作らせてみた結果…


子供たちのお弁当作りは大変ですよね。私はいつもなら、週6日で子供たちのお弁当を作っています。

そう、なんと週6日…

頑張って作っても、時には残されるお弁当… 

長く続く自粛生活の中、子供たちに自分のお弁当を作らせてみよう!と思いました。

詰めるだけの簡単なお弁当作りです。

子供たちが自分で作ると、どんなお弁当が出来上がるのかな?興味津々です!

子供たちが「食」について考えるきっかけになったらとても嬉しいな〜。

今回は、気付いたことや感じたことをレポしたいと思います。

とにかく楽しんで取り組んでくれました!

そして驚いたことに、意外とちゃんと出来上がっていました!

 

始める前に…

始める前に、心と材料の準備が必要です!

そう、ママの心の準備!子供たちにお料理させたり、何かさせるのは、ママの負担が増えますよね。ですので、余裕を持って対応できると思う日、朝時間があって、ママの心に余裕のある日を選んでくださいね。

子供たちに何かさせるときは、とにかく楽しみを体験してもらいたい!だからママも怒らないで見守る!

そして、お弁当の材料が揃っている日を選んでくださいね。今回は、子供たちに好きなものを選ばせて、好きなようにお弁当を作って良いよ〜って。いろいろ揃えてみました!

お弁当の材料

今回は、詰めるだけの簡単なお弁当作りです。

火を使ったり、お料理するところから始めると時間がかかりすぎるし、今回は初めてのお弁当作りなのでできるだけ簡単かつシンプルに。

詰めるだけのお弁当といえば「Yumbox」です。

Yumboxは、お弁当を詰めるのがとても簡単!きっと誰が詰めても見栄えの良いお弁当が出来上がると信じて止まない私の愛用品!子供でもきっと可愛いお弁当ができると思う!

Yumboxに興味のある方は、こちらの記事もご参考に。

   

お弁当の材料は子供たちが好む食材ならなんでも良いのですが、買い物へ行って材料がたくさん揃っている日を選ぶと良いと思います。詰める食材の種類がたくさんあると楽しいかなと思って。

野菜やフルーツ、主食となるもの、タンパク質、栄養のバランスが整っていると理想的ですね。

さぁ、作ってみよう!

テーブルにいろいろなお弁当の食材を並べて、子供達にお弁当箱を渡しました。

「好きなようにお弁当を作ってごらん!」って言って放置。

「もし、ここにないもので欲しいものや、切ってもらいたいものがあれば言ってね。」とだけ言って。

お姉ちゃんが8歳、弟が6歳です。弟が暴走するのではないかと不安でもありますが…

二人でキャッキャ言いながら楽しそうに作っていました。

出来上がり!

出来上がりました。意外とちゃんとできてる。

お姉ちゃんはこれ↓

弟はこちら↓

お姉ちゃんは控えめに、そして弟も暴走せずにちゃんと出来上がっていました。

主食はパン。
タンパク質は、ゆでたまごとナッツ類。
野菜は、トマトとブロッコリー。
フルーツは、チェリー、ブルーベリー、桃、キウイ。
スナックに、ポップコーンとヨーグルト。

バランス良く、見た目も可愛い!おかずカップやピックも可愛く使ってる!

弟も上出来!

主食はパン。
タンパク質は、ナッツとサラミ。
野菜は、ブロッコリー、きゅうり、人参(ちっちゃいのが1本)。
フルーツは、チェリー、桃、キウイ、ぶどう、りんご、パイナップル。
スナックは、ヨーグルト、ポップコーンとしいたけのお菓子。

弟はフルーツが大好きです。これでもかっ!ってくらい入れましたね。

子供たちの感想

「どういう事を考えながら作った?」と聞いてみると、

お姉ちゃんは、「栄養の種類がそれぞれあるか、全部あるか、チェックしながら作ったよ!」とお弁当箱の栄養素のイラストを見ながら詰めたようです。

yumbox

弟は、「僕の好きなもの、大好物を選んだよ!」と。

姉弟の性格がしっかり現れました!

「自分のお弁当を作ってみてどうだった?」と聞いてみると、

お姉ちゃんは、「楽しかった。簡単に作れたね。またやりたい!」

弟も、「楽しかった。カッコいいお弁当ができた!」

二人とも大満足の様子でした。

気付いたこと、ママの感想

どんなお弁当が出来るかな〜って、とても興味津々だったけれど、とにかく作っている間、子供達がとても楽しそうに取り組んでいました。二人で笑いながら、いろいろ話しながら作っていたのが印象的でした。

お姉ちゃんは、トレーの栄養素をみながら「プロテインはどれだろう?」などと言いながら詰めていました。弟がそれについて「プロテインって何?どれ?」など聞きながら、お姉ちゃんが詰めるのを真似しながら作っていました。

弟は、いろいろ味見をしながら詰めていた。笑

フルーツはママが切ったけれど、子供たちにやらせても良かったかなと思いました。

弟が、サラミを全部入れなかったのは驚きました。全部詰めると思っていたので。自分の食べれる量、食べるべき量を考えていたようです。

野菜は、選択肢があることで、苦手なものでも少しならいいかな〜って入れていました。弟のものすごーく小さい人参が…本人は頑張って入れたんだろうね!

食について考える良いきっかけにはなったと思います。子供たちの身近な食材を使ったのも良かったと思う。

とにかく楽しそうだった!

最後に

今回は、とにかく自分のお弁当を作ることを楽しんでもらうのが目的でした。そして、作った満足感、それをお昼に食べる達成感を感じてもらいたかったです。

好きなものばかりの自分で作ったお弁当は、もちろん完食でした!

子供達が、食に対する正しい知識を学ぶきっかけになったら嬉しいと思う。また機会が会ったら第二弾をやってみようと思います。

次回は、温かい食材も用意できたらいいな〜と思いました。チキンナゲットとか、ウインナーとかね。

詰めるだけでなく、おにぎりやサンドイッチとかも自分で作れるかな?

お弁当作りを通して、食について一緒に考えてみるのも楽しいですね!

健康的な食生活を目指して!

 

【最新版】カナダのフードガイド2019!私たちの食生活の向上が期待される!
2019年1月にカナダ保健省(Health Canada)から、最新版のフードガイドが発表されました。 それまでのフードガイドは、2007年版であり、なんと12…
maplesparks.com