ハロウィンパーティーにはこれ!とっても簡単モンスタークッキー!


ハロウィンももうすぐ!週末には子供達やお友達と一緒にハロウィンパーティーをするファミリーも多いのではないでしょうか?

お料理やスイーツは持ち寄りですか?

面白くて、子供も喜んでくれる、モンスタークッキーはどうでしょ?

シュガークッキーに色を付けただけの簡単シンプルなクッキーです。

外はサックっと、中はしっとりしてて、甘くて美味しいです!

 

モンスタークッキーの材料

モンスタークッキーを作る上で重要な材料は、モンスターの目です!

私はアメリカのお店でこの「目」を見つけました。その名も、Candy Eyes。もちろん食べられます。味はただ甘い砂糖って感じで、硬めのラムネのような食感です。

Wilton の目もありました。

Wilton Candy Eyeballs

 

日本でもWiltonを扱っているお店や、amazonで購入できるようです。

そして、次に必要な材料は色をつけるもの!もちろん、着色料を使っても良いのですが、私は野菜パウダーを使用して色を付けました。

使用したパウダーは、「みかさの野菜パウダー」です。

 

 

この野菜パウダー、すごく便利でお料理やお菓子作りになんでも使えます!

野菜の栄養素がぎゅっと詰まっていて、野菜不足の子供にとっても良い!

今回は、ハロウィンっぽく、ほうれん草とむらさき芋を使用します。

 

材料:***1cup = 240ml

無塩バター(室温) 1/2 cup (110g)
グラニュー糖 1/2 cup (100g)
1/2 個
バニラエッセンス 小さじ1
All purpose flour 1 cup + 1/4 cup (100g)
野菜パウダー 小さじ1〜2
ベーキングソーダー 小さじ 1/4
ベーキングパウダー 小さじ 1/4
グラニュー糖(まぶす用) 1/4 cup (50g)
Candy eyes お好きなだけ

モンスタークッキーの作り方

作り方:

①室温に戻しておいたバターと砂糖をよく混ぜる。

②卵とバニラエッセンスを加えてよく混ぜる。

③粉類を加えて混ぜ、ひとかたまりにする。

④ボールに丸めて、グラニュー糖をまぶす。大きさは自由ですが、大きいのは3cmくらいのボール、小さいのは1.5cmくらいのボールに丸めました。

⑤クッキーシートに並べて、冷凍庫へ5分入れる。一手間なんですが、シュガークッキーは焼いている途中に結構広がります。あまり広がり過ぎず、ぷっくりした感じにしたい方は、焼く前に生地を5分くらい冷凍庫に入れて冷やして下さい。クッキーシートに並べて、そのまま冷凍庫へ!

⑥350°F(180°C)で10分焼く。一度取り出し、Candy eyes を軽く押して乗せる。再びオーブンへ入れて2〜3分焼いて出来上がり。

ほうれん草パウダーを使ったクッキーは、焼く前も焼いた後も綺麗なグリーンになりました。

一方で、むらさき芋パウダーは、焼く前の生地はとっても綺麗な紫色だったのですが、焼いたらなんだから色落ち?したような、青っぽくグレーっぽい色味になってしまいました。

黒とかグレーもハロウィンのカラーなので、今回は良しとします!笑

むらさき芋パウダーには、アントシアニン色素が含まれていて、酸性・アルカリ性によって色が変化します。なので、紫芋パウダーの生地には、レモン汁を小さじ1入れたのですが…焼くと温度も上がり色が変わってしまったようです。

それだったら、わざわざレモン汁を入れず、ブルー色のまま焼いた方が綺麗に色が出たのかも?ちょっとこれはリベンジが必要ですね!また作ってみます!

中身はこんな感じ。中の方がブルーになってる。

味は、野菜っぽくなく甘くて美味しい!むらさき芋パウダーを使ったクッキーは、普通のシュガークッキーとなんら変わらない味で美味しい。ほうれん草パウダーを使った方は、少し味が変わるけど、ほうれん草の味というよりは、抹茶っぽい。色もグリーンだし。おやつに出したら、娘が「これは抹茶味だね!」って自信をもって言っていました。言わなかったらきっとみんな抹茶味だと思う。

最後に

ハロウィンパーティーへ持って行ったら絶対に喜ばれるモンスタークッキー。

作り方もシンプルで簡単です!着色料を使わずに、野菜パウダーを使うのがオススメ!小さな子供にも優しいおやつです。