ビーフウェリントン!クリスマスのメインディッシュに!


イギリス料理として知られている、ビーフウェリントン。

牛フィレ肉をパイ生地で包んだお料理です。

サンクスギビングやクリスマスなど、特別な日のメインディッシュに振舞われるお料理ですね。

我が家では、特別な日のメインディッシュは、ターキーもしくはハムを焼くのが定番です。

ですが、なぜか突然、「今年はビーフウェリントンを食べたい!」とパパからリクエスト。

「作れる?」

って聞かれて、

「作れない!」とは言いたくなかったよね。

なぜか私の心に火がつきました!作ってみたい!って思った。

ママ
ママ

ママに作れないお料理はないんだから!

アメリカのTV番組、「ヘルズキッチン」でのメインコースとしてもよく出てきます。この番組のホスト、シェフのゴードン・ラムジーのレシピが有名です。

今回は、彼のレシピを参考に作りました。

動画もあるので、参考にして下さいね。

【作り方】ビーフウェリントン

材料:4人分

  • 牛ヒレ肉 450g(1 lb)
  • 塩こしょう 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • マッシュルーム(その他、きのこ類)450g(1 lb)
  • 生ハム 8枚くらい(牛フィレが包める枚数)
  • イエローマスタード 大さじ2
  • パイ生地 1〜2枚
  • 卵黄 2個分

作り方:

①牛フィレ肉に、塩こしょうを多めにする。

フライパンに、オリーブオイルを入れ、中火で牛フィレ肉の表面を焼く。

あまり動かさない方が良いので、片面に焼き色がついたら転がして、次の面を焼くと良いです。

②牛フィレ肉をフライパンから取り出し、あら熱が取れたら、マスタードを全面にぬる。

③マッシュルームのペーストを作る。

マッシュルームやその他きのこを適当な大きさに切り、フードプロセッサーでペースト状にする。

こんな感じになります。

次にフライパンでソテーし、水分を蒸発させる。この時、油はひかないでOK。

フライパンから取り出し、あら熱をとる。

④ラップを敷き、生ハムを広げる。少し重ねながら、牛フィレ肉が巻けるくらいの大きさに広げて下さい。

⑤その上に、マッシュルーム のペーストを広げ、中央に牛フィレ肉を置く。

⑥ラップを使いながら全体を覆うように巻く。

ラップを上手に使って、俵状になるように巻いて、そのまま両サイドもきつく閉じる。

冷蔵庫で、20分ほど休ませる。

⑦パイ生地を牛フィレ肉が巻けるくらいの大きさに広げる。

ラップから取り出した牛フィレ肉をパイ生地に置く。

溶いた卵黄をつけ、牛フィレ肉を巻く。パイ生地があまり重ならないように、余分な生地は切り取る。

形を整え、再度ラップでしっかりと巻く。

冷蔵庫で10分ほど休ませる。

⑧ラップから取り出した牛フィレ肉をオーブンシートにのせ、残りの卵黄を塗る。ナイフで浅く切り込みを入れる。

⑨200度のオーブンで30分くらい焼く。

オーブンから取り出し、10分置く。

2cmくらいの幅でカットします。

盛り付けて、出来上がり!、グレイビーをかけてどうぞ!

今回の付け合わせは、

  • マッシュポテト
  • ローストしたアスパラガス
  • メープルシロップで甘くローストしたキャロット
  • パプリカのソテー

家族の感想

パパと娘には、大好評でした。

サクッとしたパイ生地の中に、柔らかい牛フィレが最高に美味しい。

お肉の柔らかさには感動でした。

最初にフライパンで表面を焼いたことで、うまみが中に閉じ込められ、とろけるような柔らかさ。

息子もお肉の部分は美味しそうに食べたのですが、マッシュルームがダメだったみたい。

小さな子供には、ちょっと味が複雑すぎたかもしれませんね。

グレイビーを少しかけて食べましたが、なくても十分美味しいと思いました。

最後に

今まで、「きっと難しくて作れないだろうな〜」って思っていたビーフウェリントンでしたが、美味しく出来上がりました。

冷凍のパイ生地を使ったり、手間が省けるところは省いて作ってみると、思ったほど大変ではなかったです。むしろ、ターキーの方が、大きいし、時間もかかるし、大変だと感じました。

クリスマスや特別な日に、牛肉好きのお客様におもてなししたいメインディッシュです。